--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-20(Wed)

第98回研究会

朝晩はすっかり涼しく(寒く?)なりましたね
御堂筋の銀杏も落ちてすごい匂いが

100回まであと2回

12月2日の100回記念のお食事会
一人でも多くの先生のご参加をお待ちしてます


コンチェルトステップのリハーサル時間が決まりました
詳細はご連絡した通り
当日は見学可能
リハーサルと本番の演奏の違いを 是非ともご覧下さい


今月の研究会は
森山先生のショパンコンクールの報告で盛り上がりました

DSC00483_convert_20101020010643.jpg 

エントリー81名のうち3名キャンセルの
79名で1次予選が開始
1次予選は1日8時間行われたそうです

1次予選40名、2次予選20名
3次予選10名が予選通過
日本人16名中、1次で6名通過しましたが
残念ながら2次は通過なし

ピアノはヤマハ、カワイ、スタインウェイ、ファツィオリから選択
選択したピアノはFinalまで変更不可

叩くようなタッチの人は1次で落選
ハーフタッチの大切さを実感されたそうです

18日からFinalが始まってます
インターネットのLIVE中継で見れます
これまでの演奏も再生できますよ

昨夜、生で見ましたが
さすがに時間が遅いので1人だけで精一杯
睡魔には勝てなかった

ショパンの版はナショナルエディション(エキエル版)が主流に
(ショパンが認めてない曲集は白)
ポーランドが国を挙げての事業で出版

ショパン生誕200年の記念
その年にショパンコンクールに行けたのは羨ましい


DSC00506_convert_20101020014252.jpg 

 DSC00485_convert_20101020010805.jpg
ショパンコンクールのプログラム(上)と配布される新聞(下)


10年前に行かれた時
研究会でショパンの手の石膏像を見せて頂いた
これがショパンの手かと自分の手をのせてみたり
男性の手としては華奢だったなぁ

お話を聞いてたら5年後に行きたくなります


ヨーロッパ国際ピアノコンクールの審査員
ポーランド出身のミハウ先生が
NHK教育テレビの「こだわり人物伝」に出演
11月3日(水)22:25~22:50
4回シリーズでショパンを紹介
テキストも発売されてます

来月の研究会は11月12日です
11月28日のYouTubeオーディション曲の勉強
バス研コンチェルトに向けて曲の勉強と
盛り沢山の予定です

2月のコンチェルトはバス研一丸となって
準備して行きたいと思っています
生徒を出されない先生方も色々お手伝い下さいね



スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
入会、その他のお問い合わせはこちらからお願い致します

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。