--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-13(Mon)

第100回研究会



12月10日についに100回の研究会を迎えました

この日の出席者は29名
普段、ご都合でなかなか出席頂けない先生方も
時間を作って来て下さいました

森山先生の「第100回の研究会を始めます」の声で
記念すべき研究会開始

DSC00680_convert_20101218233952.jpg 


研究会の会場として10年以上使用している
三木楽器 開成館の館長から
森山先生への感謝状と記念品の贈呈

DSC00684_convert_20101218234158.jpg

 DSC00715_convert_20101219004659.jpg

会員にも記念品のお箸が配られました
中には人と人との箸わたしとの言葉が
良い言葉ですね

ここからは森山先生へのサプライズ
森山先生とは学生時代からの友人であるT先生から
会員を代表して感謝の言葉

DSC00690_convert_20101219001453.jpg 
そして、会員から森山先生へ
日ごろの感謝を込めて
プリザーブドフラワーのアレンジメントを贈呈

DSC00696_convert_20101218234453.jpg 
 
DSC00711_convert_20101219002528.jpg   DSC00712_convert_20101219002645.jpg

みんなで密かに期待したのです
森山先生の涙を
でも、研究会の冒頭にお渡ししたので
これからの進行で頭がいっぱいだったようで
残念ながら涙は見れませんでした
2月のコンチェルトの最後にしたら良かったかなぁ

森山先生と参加者全員とジャンケン
勝者3名に京響のCDプレゼント

DSC00701_convert_20101218234558.jpg 

いよいよ研究会の内容

第1回~3回までの報告書のコピーが配布されました
懐かしい方々のお名前がありました

第1回目の立ち上げのエピソードを話されました
「バス研がなければ町のいちピアノ教師で終わっていたであろう
人のお世話をして人と人とのつながりが持てたことが
森山先生の宝になっている
この10年、コンチェルトができるまで成長することができた
1人ではできないこともみんなで集まってやればできる
会員のみなさんとのこの出会いを大切にして
5年先、10年先、成長した自分でありたい」と

森山先生が辛い時期
何度か研究会をやめたいという言葉を聞いたことがあります
集中講座、「バスティン先生のお気に入り」や
「ピアノでパレード」の全曲コンサートなどイベントも多く
かなりしんどかった時期だったんだと思います
そして、5~6年目は会員の入れ替わり時期でした
この頃に顔ぶれががらりと変わりました

2006年に「まいど!大阪中央ステーション」の立ち上げ
それまでも三木楽器でバス研中心のステップをしていました
室内楽ステップ、「ちいさいおうち」
コンチェルトステップ、イケメンコーナー
ステップでも色々とやってきましたね

森山先生の2月のコンチェルトのレッスン風景のDVD鑑賞

11月28日のYouTubeオーディションのDVD鑑賞
次回のYouTubeは1年半後の春の開催予定

コンチェルトステップとイケメンコーナーDVD鑑賞
次回のステップは2011年11月6日(日)開催

100回記念も盛り沢山の内容となりました

最後に出席者みんなで記念撮影 
DSC00709_convert_20101218235911.jpg 
時間がなくて先に帰られた先生ごめんなさい


次回は1月27日(木)です
寒い時期ですが200回に向けての第1歩です
是非、出席下さいね

1月4日、22日のコンチェルトのホールリハーサルは
どなたでも見学可能です
詳細は報告書で

100回記念を終えて年内のイベントが終了
少しホッとしたのか風邪気味のブログトリオNでした
コンチェルトが終わるまでまだまだ気が抜けません

スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
入会、その他のお問い合わせはこちらからお願い致します

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。